仕事の出会いから学んだこと

2017年01月25日 04時32分

こんにちは、出会いビト中村です。

今回は仕事の出会いから学んだことを書いていきます。

中には内勤で出会いもあまりないという方もいらっしゃるかもしれませんが、

仕事では基本的にいろんな人と出会うのではないでしょうか。

社内の同じ部署の人、違う部署の人。
取引先の人、全く関係ないが紹介された人。

いろいろと出会いはあるかと思います。

では仕事での出会いでは何を学べたのでしょうか?

 
仕事とは?の答えは一つではない
仕事とは?と聞かれて、
あなたはなんと答えるでしょう。

仕事に対する考えかたは、千差万別。

当たり前かもしれませんが、
これってすごく面白いですね。

例えば、私は仕事は生活を維持するためだけのものだと思っていました。
ところが、取引先で出会ったOさんは、
仕事は、人生だと言ったのです。

仕事が楽しくてしょうがないと言ってのけたのです。
私は別にOさんがすごいと言いたいのではありません。

こういう考え方もあったのかと驚いたのです。

新たな考えに触れることができると、人は成長します。
なぜなら、一度自分の考えを精査するからです。

そして、一番しっくりあったものが
自分の考えとして根付いていくのでしょう。

仕事とは?という答えで、
全ての人にしっくりくるただ一つの答えはありません。

これといっしょで、
人生とは?恋愛とは?親とは?ITとは?食事とは?
こんな問いに一つの答えなどないでしょう。


この人によって、考え方が大きく違うということを知っていると
他の人の意見にすごく寛容になり、吸収しやすくなります。

そして安易に、人の言葉に傷つきにくくなるのです。

そういう意味で、仕事の出会いでは、
本当にいい学びをしました。

出会いビトトップへ戻る